YOKOHAMA Dry|フードシェアリングなら横浜の合同会社グロバースが食品ロス削減に取り組んでいます。

合同会社グロバース

YOKOHAMA Dry
横浜農家の未利用野菜をアップサイクルした乾燥野菜

コンセプト

「つくるヒト たべるヒト みんなシアワセ」
料理の材料を“つくる”生産者の農家の方、その材料を加工して製品を“つくる”ヒト、その製品から実際に料理を“つくる”ヒト。そして、その料理を“たべる”ヒト。みんながよい繋がりを持って、持続可能な農業と社会を実現できればと考えています。“つくる”ヒトは時間のゆとりや心のゆとりを手に入れ、“たべる”ヒトは健康を手に入れる。そのように「食」を通じてそこで生きる人の心を豊かにすることを目指しています。

YOKOHAMA Dry

「ゆとり」を手に入れ、「豊かな」ライフスタイルを!

商品の特徴

01食品ロスの削減

横浜農家の未利用野菜を活用

02農福連携(農業×福祉)

福祉事業所で商品の袋詰めや箱詰め作業。農家としては新たに設備投資する必要がない。福祉事業所は継続的な仕事を確保出来て、自身の作業が製品化されることにより、作業に対するモチベーションが向上する。

03地産地消

農家を身近に感じるために近隣地域で販売。物流費を抑える効果もある。

04美味しく健康的な食材

乾燥させることでうまみ成分として調味料にも使用されるグルタミン酸がシイタケで約15倍、トマトで約4倍含有量が増加する。また、厚生労働省は成人の1日平均350g以上の野菜摂取を目標に挙げているが、調査では平均約290gで60g摂取量が少ない。手軽に乾燥野菜を摂取して、より健康的な身体を手に入れる。
生産者、福祉事業所、消費者のそれぞれがメリットを享受できる商品である。

取扱店

メルカートかながわ https://ja-yokohama.or.jp/tenpo/mercart_kanagawa
「ハマッ子」直売所四季菜館 https://ja-yokohama.or.jp/tenpo/hk_shikisaikan
東名高速道路港北PA上り売店「港北ブラン」 https://sapa.c-nexco.co.jp/sapa/shop/detail?sapashopid=1417

PageTop

  • 合同会社グロバース
  • 食を通じてそこで生きる人の心を豊かにする
  • 合同会社グロバース
  • 横浜市西区北幸1-11-1 水信ビル7F

Copyright(C) 合同会社グロバース All Right Reserved.